スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆パイナップル☆

パイナップルにはまってて、ダンナと買い物がかぶりました。

なので2個。違う店で買ったのに値段もサイズも同じ!

旬のものは美味しいですね~!



DSC_0274.jpg

DSC_0275.jpg

カットされてうってるパインよりこっちのほうが断然いい!

切るのが硬いかと思ったら全然、切りやすい。

あと、メロンも美味しい季節ですね!

肉を柔らかくする効果もあるんでしたよね、パインケーキも食べたいなぁ。



パイナップル   100 g (3.5 oz)あたりの栄養価
エネルギー 202 kJ (48 kcal)
炭水化物 12.63 g
- 糖分 9.26 g
- 食物繊維 1.4 g
脂肪 0.12 g
タンパク質 0.54 g
ビタミンB1 0.079 mg (6%)
ビタミンB2 0.031 mg (2%)
ビタミンB3 0.489 mg (3%)
パントテン酸(ビタミンB5) 0.205 mg (4%)
ビタミンB6 0.110 mg (8%)
葉酸(ビタミンB9) 15 μg (4%)
ビタミンC 36.2 mg (44%)
カルシウム 13 mg (1%)
鉄分 0.28 mg (2%)
マグネシウム 12 mg (3%)
マンガン 0.9 mg (45%)
リン 8 mg (1%)
カリウム 115 mg (2%)
亜鉛 0.10 mg (1%)
%はアメリカにおける成人向けの
栄養摂取目標 (RDI) の割合。
出典: USDA栄養データベース(英語)


スライスしたパイナップルパイナップルの果実は芳香があり、多汁でさわやかな酸味と甘みに富み、生果肉100g中全糖分として10~15%、クエン酸やリンゴ酸など酸類を0.8~1.2%、、カルシウム17mg、カリウム100mgを含み、ビタミンCを5~14mgのほかカロチンやビタミンBも含んでいる。果汁中にはタンパク質分解酵素ブロメラインを含み、肉類の消化を助ける。しかし、タンパク質の一種であるゼラチンを分解してしまうため、生の状態のパイナップルを入れたゼラチンのゼリーは作ることができない。

未熟な果実には多量の酸の他、シュウ酸カルシウムの針状結晶などを含むため、食べ過ぎると口内は荒れ、さらに先述のブロメラインの酵素作用によって組織のタンパク質が分解され、出血にまで至ることがある。

~wiki~

最後の2行、ちょっと怖いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

あたし

Author:あたし
2011、6 早期リウマチと診断されました。

始めの頃は辛かったけど、今はそんなでもないです。
仕方なく薬を飲んでいますが大して闘病という生活でもありません。
32歳でガタがきちゃったけど、体調を整えるよう努力します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。